福岡COPD研究会 | 肺の生活習慣病、慢性閉塞性肺疾患について

喫煙がCOPDの引き金!

p3.jpg

COPDは別名たばこ病と言われるように、ヘビースモーカーに多い病気で、患者の90%以上は喫煙者です。

また、受動喫煙によっても起こります。

 

さらに喫煙以外の原因として、大気汚染や職業的な塵埃や化学物質も刺激になります。

 

40歳以上の日本人の8.6%はCOPD!

2000年に国内で行われた調査では、40歳以上の男女のうち8.6%の人がCOPDの疑いがあることがわかりました。年齢別にみると、70歳以上の高齢者が最も多いことがわかりました。これまで国内のCOPD患者は少ない、と考えられてきましたが、実際の有病率は欧米並みに高いことがわかりました。

 

※有病率・・疾患に掛かっている人を有病者といい、有病者とは、特定の集団内における全人数に対する有病者の割合のこと。

 

p4.jpg

こんな症状ありませんか?

COPDは症状に気づかず、発見が遅れがちな病気です。

下記のような症状があったときには、早めに病院を受診しましょう。

 

代表的な症状は”息切れ”です

特に体を動かしたとき、例えば階段の昇降時や坂道をのぼるときに気づきます。

 

その他の症状は

・慢性の咳と痰(たん)

・ときに喘鳴(ぜいめい)

(かぜをひいたとき、あるいは運動をしたとき)

 

病気が進むと以下の症状がでるときもあります

・口すぼめ呼吸

(体を動かして息切れを感じたときに意識的に口をすぼめる呼吸)

・ビア樽状の胸部

(胸の前後の幅が増大し、状態が樽のような形状となる)

p5.jpg