福岡COPD研究会 | 肺の生活習慣病、慢性閉塞性肺疾患について

効果的な禁煙のススメ~禁煙法について~

禁煙はCOPD治療の第一歩です。きちんと実行しましょう。

喫煙は基本的には薬物依存症として考えられます。

一般的には、起床後30分以内にタバコを吸いたくなったり、1日1箱より多く吸う場合にはタバコに含まれるニコチンへの依存度が高いと考えられています

 

今、タバコをやめれば間に合います!

長期にわたる喫煙者のうち7人に1人がCOPDになると言われています。タバコをきっぱりやめて適切な治療を受ければ、病気の進行を遅らせ、症状を楽にすることができます。

 

禁煙外来や禁煙教室を積極的に活用しましょう

禁煙しようとする場合は、禁煙外来をもっている病院を受診することもひとつの方法です。また、禁煙を助けるためのおくすりも薬局で購入することができます。

kinen.jpg